最新ニュース

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)、シャトー・ラフィット・ロートシルトおよびデュアール・ミロン担当責任者にルイ・カイヤールを任命

ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)、シャトー・ラフィット・ロートシルトおよびデュアール・ミロン担当責任者にルイ・カイヤールを任命

ルイ・カイヤール (Louis Caillard) はワイン生産に携わる家庭に生まれ、トゥールーズ・ピュルパン高等農林学校 (ESP Purpan de Toulouse) で農学エンジニアの課程を修めています。

モエット・ヘネシー・グループ (Moët-Hennessy) での経験を生かし、その後はオーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、スペイン、ナパ・ヴァレー… 世界各地のワイナリーにて実績を積み重ね、深い知識を習得してきました。

現在はポイヤックに拠点を移し、DBR(ラフィット)グループ所有ボルドー地方ワイナリー担当ディレクター、エリック・コレールとの緊密な連携のもとで業務にあたっています。

ジェネラルディレクター、クリストフ・サランのコメント:「ルイ・カイヤールをチームに迎えました。これまでの経験を生かして、グループ所有ワイナリーの発展およびワインのさらなる向上に貢献してくれると期待しています」