最新ニュース

EMリヨン、Left Bank Bordeaux Cup 2016を制す!

EM-Lyon2

2016年6月17日 – 世界各国の有名大学・グランゼコールの学生を対象に開催されるLeft Bank Bordeaux Cup(ボルドー左岸カップ)。今年も世界各地で開催された予選を勝ち抜いた以下8校が決勝大会に進出しました。

– スイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイス)
– EM リヨン経営大学院(フランス)
– パリ政治学院(フランス)
– 香港バプテスト大学(中国)
– 淮陰師範学院(中国)
– ペンシルバニア大学ビジネススクール・ウォートン校(米国)
– イェール大学(米国)
– オックスフォード大学(英国)

決勝大会はシャトー・ラフィット・ロートシルトで開催され、参加学生たちは、同大会の創設に尽力したワイン騎士団「コマンドリー・デュ・ボンタン」の審査委員会と初めて対面。ワイン騎士団メンバーは、伝統に敬意を表して、頭には中世のトック帽、ビロードのトーガをまとっています。もちろん、大会ホスト役であるエリック・ド・ロートシルト男爵、コマンドリー・グランメートル、エマニュエル・クルーズ氏の姿もありました。

3人で1つのチームを結成し、シャトーの円形育成庫中央に設置された8つの円卓にそれぞれ着席。審査員席と向かい合って座ります。バリック樽に乗せられた何本かのロウソクの光に照らされた空間で、観客席からの熱い視線を前に、競技は行なわれます。静寂と集中に満ちた空間です。

審査員と学生たちとの質疑応答が2時間もの間続けられます。競技は選択問題から始まり、難関であるブラインドテイスティングへと続きます。アペラシオン、ヴィンテージをあてる、極めて難易度の高い競技内容です。

最後に、勝者が発表されました。フランスのEMリヨン経営大学院がトップでゴール。そしてオックスフォード大学、香港バプテスト大学と続きました。もちろん大歓声が聞こえると同時に、落胆した面持ちも見えます。しかし、同大会の決勝に進めただけでも素晴らしいことですから、暗い表情にはすぐに笑顔が戻ります。

EM-Lyon
表彰式では、エリック・ド・ロートシルト男爵から若き世代へ、情熱を継承する努力への賛辞の言葉が述べられました。

表彰式の重厚な雰囲気はすぐさまお祭りムードへと変わります。学生、騎士団グランメートル、ディレクター陣、ジャーナリストが一堂に会し、グランヴァンと飲み会音頭のリズムに乗せて、まさにボルドー伝統の盛宴のスタートです!