最新ニュース

「A view of Lafite(ラフィットへのまなざし)」、エロール・レイニー監督ビデオ作品

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、今回の映像制作にあたり、写真家、アーティストとして知られ、映画監督としても活躍されているエロール・レイニー氏をお迎えする光栄に浴しました。

エロールはオーストラリア・シドニーで生まれ、17歳の時にロンドンに拠点を移します。当時は数々の有名ファッションカメラマンのもとで働き、若くして自身の手によるビデオ制作プロジェクトをスタートさせました。

エロール・レイニーは、最も才能のある現代映像監督のひとりと評され、オリジナリティあふれる個性的スタイルの作品を生み出しています。世界のハイブランドやトレンドセッターたちからの支持は絶大です。

撮影は収穫時期のラフィットで行なわれ、ラフィットのエスプリあふれる作品に完成しています。ビデオ作品『A view of Lafite (ラフィットへのまなざし)』の中で、エロール・レイニーは、観る人を惹きつけてやまないラフィットの世界を感動的に描き出しています。

background

マルティーヌ・フランクやリチャード・カルヴァー、フランソワ=マリー・バニエといった、いずれも過去にラフィットで作品制作を行なった数々の巨匠カメラマン作品にインスピレーションを受け、エロール・レイニーは、シャトーの真髄をとらえて表現しようと「動く画像」シリーズの制作を提案。

ドメーヌの専属スタッフ、職人たち、収穫時期の季節スタッフたち、チームとしての一体感と笑顔が織りなす素敵なストーリーのある作品に仕上がりました。

シャトー・ラフィット・ロートシルトでは、毎年世界を代表する著名アーティストをお迎えして撮影を行なっています。エロール・レイニーもこれまでに制作された数々の作品にならって、シャトーそのものの、そしてシャトーで活躍するスタッフたちの魅力を、飾らず、情感たっぷりに切り出しています。

 

image vidéo

こちらをクリックしてビデオ作品をお楽しみください。

当ビデオ作品は、公式サイトの写真ギャラリーページからもご覧いただけます。

当ビデオ作品は、ラフィット公式サイト(lafite.com)および Image Partnership でのみご利用いただけます。