最新ニュース

2011年ビンテージ、異例の早期収穫!

2011年ヴィンテージは、とりわけ春季に高温を記録し乾燥傾向だったことから、質の高い異例の早期収穫となることが予見されていました。しかし7月および8月には低めの気温が続き、曇り空および幾度か雷雨に見舞われました。それまでの熱狂ぶりはいくぶんか落ち着き、逆に辛抱を強いられた時期でもありました。

ボルドーにおいては、通常より平均15日ほど早めに収穫作業がスタートしています。シャトー・リューセックでは8月23日に、辛口白ワイン(R・ド・リューセック)用のブドウ収穫を始めました。ラフィットではシャトー正規スタッフが9月3日に作業を開始し、その後9月8日および9日に、ラフィットおよびデュアールにおいて、収穫チームによる作業を開始しています。レヴァンジルでも9月6日に若株の収穫を始めました。果実は上質な熟度で収穫されています。

ラングドックにおいては、異例とも言える天候の年であったにもかかわらず、オーシエールでは通常どおりの日程で収穫が始まりました。白ワインは9月7日、赤ワインは9月15日に作業を開始しています。9月初旬は天候も良く日照も豊富で、比較的冷涼だった夏季の埋め合わせが出来ました。非常に良好な条件下での収穫となりました。

                                                                                                                                                                  vendanges