最新ニュース

2005年、ボルドーでは素晴らしい収穫!

2005年も、ボルドー地方全体における最近の2年間と同様、降水量が少なかったことが特徴です。ブドウ畑はこのような旱魃によく順応し、絶好の天候条件の下で収穫を行ないました。シャトー・レヴァンジルでは9月8日〜26日に、シャトー・ラフィット・ロートシルトとシャトー・デュアール=ミロンでは9月22日〜10月12日に行われ、他方シャトー・リューセックでは10月末まで続きました。

最初に行われたテイスティングの結果は、収穫に受けた印象と一致しています。ワインには凝縮性があり、アルコール分は高く、タンニン分は非常に豊か。また、シルクのようにソフトで、バランスが取れ、素材自体が素晴らしい質を示しています!全般的に、素晴らしい結果が期待されています。