「ソーテルヌのワインはとにかく素晴らしく、
是非とも手に入れたかったのです。
リューセックのブドウ畑はとにかく特別で…」

 

エリック・ド・ロートシルト男爵

歴史

シャトー再生への厳格な措置

18世紀、ドメーヌ・ド・リューセックの所有権は、ランゴン市のカルメル会修道院修道士にありました。その後、フランス革命によってドメーヌ所有権は没収され、1790年頃、「国有資産」として競売にかけられました。それを購入したのが、当時、レオニャンのシャトー・ラ・ルーヴィエールを所有していたマレイヤック氏でした。

1855年の格付け制定時、シャトーの所有権はメイヌ氏にありました。テロワールの品質の高さが認められ、リューセックは、ソーテルヌおよびバルサック格付け第一級に認定されました。その後、幾度かの所有者交代がありました。シャルル・クレパン(1870年頃)、ポール・デフォリ(1892年)、バニル氏(1907年)、そして ガスクトン家(サンテステフ地区シャトー・カロン・セギュールの所有者)。戦時中はP.F.ベリー(ブーゼ子爵の義兄弟でアメリカ市民)、バラルスク氏(1957年)、そして最後にソーテルヌ の「甘口ワイン」に情熱を注いだアルベール・ヴュイエール(1971年)が経営権を取っていた時代もあります。

1984年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)がリューセックを購入します。当時の面積は、68ヘクタールのブドウ畑を含 む110ヘクタールでした。シャトー・リューセックの畑のポテンシャルを最大限引き出すため、入念にブドウ粒を収穫する工程を整備し、樽内での醗酵を行なうことで、グラン・ヴァンのブレンドを行なう際に、より研ぎ澄まされた精度の高いセレクションが可能になります。

1989年には、樽育成期間が長期化するに従って、新たに育成庫が必要とされ新設されます。より厳格に選別を行なった結果、1990年代のグラン・ヴァンの生産量は激減し、1993年には品質が十分ではないと言う理由でグラン・ヴァンの生産は行ないませんでした。1977年および最近では2012年も同様の措置が取られています。

2000年以降、育成庫の改築および醸造庫の新設が進められ、ブドウの除梗・破砕や圧搾機にも技術的改善が加えられるなど、これらは1985年から続く、品質向上事業の一環を成しています。

工程初期の厳格なセレクションが、1988年、1989年、1990年の3大ヴィンテージを生み出します。また、1995年から2005年までの10年間は実に輝かしいヴィンテージが続き、その努力は戴冠の域に達します。1996年、1997年、1999年、2001年、2003年、2005年…これらのヴィンテージに関しては、時を忘れた熟成が期待出来そうです。シャトー・リューセック2001年は、『ワイン・スペクテーター』誌の2004年度「今年のワイン」に選出されています。

ブドウ畑

ソーテルヌ・バルサックの最大級ワイナリー

シャトー・リューセックのブドウ畑は、ファルグ村とソーテルヌ村の境界に広がり、シャトー・ディケムに隣接しています。リューセックは、ソーテルヌ・バルサックにおける最大級ワイナリーで、砂礫質土壌上に93ヘクタールの作付面積を有しています。

ソーテルヌを代表する品種セミヨン(92%)を主要品種とし、ソーヴィニヨン(6%)とミュスカデル(2%)が加わります。生産方法は、ソーテルヌ伝統法で、ブドウの成熟状態およびボトリティス・シネレア菌(貴腐菌)の繁殖状態を確認しながら、継続的に収穫作業を行います。9月から11月の期間、6~8 週間かけて進めます。

そもそも少量収穫である上に、自然条件の影響を直に受け、収量は変動的で、メドックではブドウ樹1株からボトル1本分のワイン生産と言われますが、ここでは1株からせいぜいグラス1杯です!

当ワイナリーは、エリック・コレール(ボルドー地方ワイナリー・テクニカルディレクター)を統轄責任者とし、ジャン・ド・ロックフイユ(畑栽培責任者)およびセルジュ・ラガルデール(セラーマスター/醸造責任者)との協力体制のもと、経営管理を進めています。

セラー

伝統的ワイン造りと厳格なセレクション

醗酵は樽内で行ないます。ブドウは区画ごとに収穫され、選別した状態で樽に詰めます。こうすることで、グラン・ヴァンを構成する品質を有しているか否か、醗酵後、厳格に判定出来るのです。グラン・ヴァン精選のため、各樽に関して数回に及ぶテイスティングを実施します。

醸造庫は、ファルグ村に広がるシャトー・リューセックのブドウ畑中心に位置していま す。各ヴィンテージは、DBRグループの樽工房(La Tonnellerie des Domaines)で作られたオーク樽内で育成されます。樽の半数は毎年新調されます。樽育成期間はヴィンテージによって異なりますが、16ヵ月から26ヵ月で、その間、定期的にスーティラージュ(澱引き)を行ないます。ワインはシャトー敷地内でボトリングしています。

シャトー・リューセックおよびカルム・ド・リューセックの生産量は、ヴィンテージによってかなり異なりますが、平均すると年1万2000ケースです。また、リューセックでは、辛口白ワイン「R・ド・リューセック」も限定量生産しています。