レジャンド・ボルドー・ルージュ

造り手によって手塩にかけて育てられるボルドーのブドウ畑。瑞々しさとエレガンス、この地に生まれるワインに共通する魅力です。揺るぎない伝統と無類の価値を継承しつつ、親しみやすい風味のワインに仕上げています。

デイリーワインとして、暖炉のそばでのくつろぎに華を添えるワインとして、当コレクションのボルドー・ルージュには、伝統品種(カベルネ・ソーヴィニヨン、 メルロ、カベルネ・フラン)を使用しています。主要品種はカベルネ・ソーヴィニヨンで、「DBRらしさ」あふれるスタイルの、正統派エレガンスが魅力のワインに仕上げ、育成により、甘美な飲み心地と丸みが生まれます。

レジャンド・ボルドー・ルージュ

ヴィンテージ

  • ヴィンテージ 2016年

    • 60% カベルネ・ソーヴィニヨン
    • 40% メルロ

    ボルドーにおける2016年は、量・質ともに、伝説的1990年を思わせる実に素晴らしいヴィンテージです!ただ、畑スタッフにとってはなかなか手間がかかる1年でした。シーズン初めは雨が多く(前半6ヶ月で降水量800ミリメートルを記録)、7月1日から9月13日までは非常に乾いた天候が続きました。シーズン終盤にようやく局地的な雷雨および理想的なインディアンサマーに恵まれ、完璧な熟度でブドウを収穫することができました。仕上がった赤ワインは実に芳醇。果実味ゆたかで甘美な味わい。稀に見る高い熟度のタンニンを含み、非常に深みのある色調が特徴的です。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:深みのある真紅
    香り:濃厚、非常に豊かな表現。生鮮果実(スグリ、ラズベリー)のアロマが優勢で、ほのかに樽香が香ります。
    味わい:骨格があり、丸く飲みやすい口当たりです。味わいにも品良く樽が香ります。濃密かつなめらかなタンニン。みずみずしい果実感が後味にまで残ります。

  • ヴィンテージ 2015年

    • 60% カベルネ・ソーヴィニヨン
    • 40% メルロ

    2015年ヴィンテージは比較的遅めに萌芽を迎えた点が特徴的で、開花は6月前半にかけて理想的な条件下で(限定的な降雨、平年より若干高めの気温)均質かつ短期間で進みました。7月は暑さが目立ち(6月30日から7月6日の期間には猛暑に迫る気温を記録)、旱魃状態(2010年同様、降水量20ミリメートル)に陥りました。一転して8月は過去15年間と比較して雨の多い月となりました(平均降水量90ミリメートル)。着色(7月末/8月頭)は短期間で均質に進みました。8月および9月の降雨が畑に及ぼした影響はまちまちでしたが、ボルドー2015年ヴィンテージの全体的に優れた品質を損なうような事例は生じていません。

    テイスティングコメント(ボトリング時):

    外観:深みのある赤紫色
    香り:表現ゆたかで心地良い香り。黒果実(ブラックベリー、グリオット種チェリー)の濃厚なアロマと、トーストやバニラのノートがうまく交じり合っています。
    味わい:肉づきの良さと丸みがあり、素晴らしいボリューム感が楽しめます。しなやかで溶け込んだタンニン。後味の果実味とリコリス香が美味しいワインです。

  • ヴィンテージ 2014年

    • 60% カベルネ・ソーヴィニヨン
    • 40% メルロ

    2014年の夏は天候不順に悩まされ、日照量は不足がちで気温も十分ではない時期が続きました。9月初頭になると、同地方全域、一転して見事なまでの好天が続きます。10月末までの数週間におよぶ好天は、このヴィンテージにまさに救いの手を差し伸べました。絵に描いたようなインディアンサマーのおかげでブドウは最適な熟度を得ることが出来ています。糖分と酸、フェノール成分のバランスは抜群で、偉大なるヴィンテージと評するにふさわしい品質の高さです。カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランは素晴らしい秋口の天候を享受し、秀逸な品質の2014年ワインが生み出されています。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:かなりの濃さと輝きのある赤ルビー色
    香り:ひかえめで上品な香り。カカオやバニラを思わせるアロマが主体。エアレーション後には、ブラックベリーやスパイス系のノートが広がります。
    味わい:芳醇で上質な骨格が備わっています。絹のようになめらかに熟したタンニンを含み、黒果実の濃厚なアロマとスパイシーさのある美味しい後味が魅力的なワインです。

  • ヴィンテージ 2013年

    • カベルネ・ソーヴィニヨン 60%
    • メルロ 40%

    ボルドーにおいて2013年は難しい天候状況が記憶に残るヴィンテージとなりました。春は雨が多く、花ぶるいや部分的結実不良が引き起こされ、アントル=ドゥー=メール地区では雹・霰まじりの雷雨による被害も出ています。収穫まで雨天と好天が交互に訪れました。過去30年でも最も困難を来した年であり、凍霜害に見舞われた1991年以来の低収量を記録しています。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:濃厚な深紅
    香り:ひかえめでエレガント。スパイス香(ブラックペッパー)と焙煎のノート(モカ、トーストパン)が絡み合っています。
    味わい:ストラクチュアの整ったワイン。存在感のあるタンニン、上質な酸。瑞々しさとリコリス(甘草根)のアロマが印象的な後味。

  • ヴィンテージ 2012年

    • カベルネ・ソーヴィニヨン 50%
    • メルロ 50%

    2012年は、ワイン用ブドウ生産者にとって、ストレスが多い、困難なヴィンテージでした。寒さの厳しい冬を経て、春になっても低温続きだったため、開花に遅れがみられ、花の時期は長期にわたりました。 6月初頭は降雨に見舞われ、受粉が正常に行なわれず、花ぶるいや結実不良が起きています。結果、収量は低めです。湿度は高く日照量も不足がちな天候が7月中旬まで続きました。8月および9月初旬は一転して暑く乾燥した天候に恵まれ、昼夜の寒暖差も十分でした。9月末に大雨に降られる前に果実はしっかりと高い熟度を得ており、結果的には上質な収穫が出来ています。

    テイスティングコメント(ボトリング時):

    外観:深さと輝きのある真紅
    香り:表現豊かで複雑な香り。果実香(小粒黒果実:ブラックベリー、カシス)と同時に、スパイス香およびトースト香が感じられます。エアレーション後にはリコリスのノートが広がります。
    味わい:瑞々しく風味豊かな味わい。熟したタンニンと上質な素材構成を魅力とし、余韻と風味の長さがあり、後味にはバニラのアロマが残ります。.

  • ヴィンテージ 2011年

    • カベルネ・ソーヴィニヨン 55% メルロ 45%

    2011年は高温を記録し日照量も豊富で、過去数十年のうち、水分欠乏が顕著だった年に数えられます。このような天候条件の下、開花のペースは速く、平年より2〜3週間早めに均質に進みました。続く着色も時期としては早めの7月中に進み、メルロの収穫は9月初旬、カベルネは9月中旬に行ないました。前年および前々年と、芳醇濃厚かつ凝縮性の高いヴィンテージが2年続きましたが、2011年ボルドー・ルージュは、調和とバランスへの回帰と言えます。クラシックなヴィンテージ。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:平均的濃さの真紅
    香り:アロマ表現豊かで複雑な香り。樽香(バニラ、トースト、スモーク)、赤果実およびリコリスのアロマが絡み合っています。
    味わい:しなやかで調和のとれた口当たり。上質の瑞々しさを備なえ、凝縮した赤果実のアロマ。後味にはリコリスキャンディーを思わせる風味があります。

  • ヴィンテージ 2010年

    • カベルネ・ソーヴィニヨン 60% メルロ 40%

    2010年は、いくつかの品種(晩熟傾向のカベルネおよびメルロ)に関して、開花を迎える時期に悪天候に見舞われたため、しばしば花ぶるいおよび部分的結実不良が発生しています。加えて、記録的旱魃により、2010年の平均収量は2009年比のマイナス15%となっています。この状況はワインの全般的品質を高めるのに有利に働きました。異例ともいえるタンニンの豊かさと高いアルコール値は、ワインの鮮度と長期熟成ポテンシャルを守るのに不可欠な高めの酸に支えられています。2010年ボルドー・ルージュは、力強く活力に溢れ、バランスの良いワインです。2009/2010は歴史に残るペア・ヴィンテージです!

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:紫の光沢を伴った真紅。見事な深み。
    香り:豊かで濃縮、石墨、リコリスキャンディーおよび黒粒果実(ブラックベリー)のノートをはじめ、モカおよび焙煎のアロマが絡み合います。
    味わい:アタックでは溶け込んだ樽香のアロマとともに肉づきの良さを感じさせ、整った骨格が特徴です。瑞々しくかつスパイシーな余韻の長い後味が楽しめます。

  • ヴィンテージ 2009年

    • カベルネ・ソーヴィニヨン 50% メルロ 50%

    2009年ヴィンテージは、ボルドーにおいて偉大なヴィンテージと評されるための5大条件を見事に満たしています。つまり、温暖・乾燥・豊富な日照により、均整かつ早期に進んだ開花および結実(6月上旬)、同様に早期の着色(7月下旬開始)、8月および9月は暑く乾いた天候に恵まれ、完全な果実成熟を得て、最終的には9月下旬に申し分ない天候の下で理想的収穫が行われました!ワインは最高質に仕上がり、香り・味ともに素晴らしく、熟したなめらかなタンニン、見事なアロマ表現および後味の瑞々しさが、時に高くなりがちなアルコール度数とのバランスを見事に調整しています。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:深みのある緋色。
    香り:心地よくアロマ豊か。上手く融合したトースト香および樽香(バニラ、ココナッツ)のノートが特徴的。
    味:芳醇かつ素晴らしい骨格とともに、上質な甘み感がアタックには見られ、見事に締まったタンニンと重なり合います。余韻の長い、スパイシーな後味。