サガ・ボルドー・ブラン

銘醸地として世界に名を馳せるボルドー。そこで生まれるワインは、必ずしも格付けワインとは限りません。神々の恩恵にあずかるこの地には、無数のテロワールが潜み、多種多様なスタイルのワインが生まれています。

ボルドー・ブランは、ソーヴィニヨンとセミヨンを使用します。ピュアな風味と瑞々しさ、そしてエレガンスが魅力の、親しみやすいスタイルのワインです。

サガ・ボルドー・ブラン

ヴィンテージ

  • ヴィンテージ 2016年

    • 50 % ソーヴィニヨン・ブラン
    • 40 % セミヨン
    • 10% ソーヴィニヨン・グリ

    ボルドーにおける2016年は、量・質ともに、伝説的1990年を思わせる実に素晴らしいヴィンテージです!ただ、畑スタッフにとってはなかなか手間がかかる1年でした。シーズン初めは雨が多く(前半6ヶ月で降水量800ミリメートルを記録)、7月1日から9月13日までは非常に乾いた天候が続きました。シーズン終盤にようやく局地的な雷雨および理想的なインディアンサマーに恵まれ、完璧な熟度でブドウを収穫することができました。仕上がった赤ワインは実に芳醇。果実味ゆたかで甘美な味わい。稀に見る高い熟度のタンニンを含み、非常に深みのある色調が特徴的です。8月後半は夜も暑く、白ブドウにとってはあまり有利な状況ではありませんでしたが、白ワインの生産にはアントル=ドゥー=メール地区の中でもとりわけ冷涼なテロワールをセレクトしており、アルコールと酸のバランスも完璧な、アロマゆたかなワインが誕生しています。

     

    テイスティングコメント

    外観:輝きのある淡いワラ色
    香り:アロマ表現ゆたかで上品。柑橘系果実(グレープフルーツ、ライム)のノートとトロピカルフルーツ(パッションフルーツ)のアロマが交じり合っています。
    味わい:みずみずしさと活力があり、美味。非常にアロマティック。後味にトロピカルフルーツが香ります。

  • ヴィンテージ 2015年

    • 55% ソーヴィニヨン
    • 45% セミヨン

    2015年ヴィンテージは比較的早めに萌芽を迎えた点が特徴的で、開花は理想的な条件下で(限定的な降雨、平年より若干高めの気温)均質かつ短期間で進みました。7月は暑さが目立ち(6月30日から7月6日の期間には猛暑に迫る気温を記録)、旱魃状態(2010年同様、降水量20ミリメートル)に陥りました。一転して8月は過去15年間と比較して雨の多い月となりました(平均降水量90ミリメートル)。着色(7月末/8月頭)は短期間で均質に進みました。総酸量は近年のヴィンテージの中でも最少レベルで、結果、2015年ワインのアッサンブラージュではソーヴィニヨン・ブランの割合が高くなっています。アロマに関しては、白果実とトロピカルフルーツが特徴的で、高い複雑性が備わっています。

    テイスティングコメント:

    外観:淡い藁色、緑かかった光沢
    香り:エレガントで芳ばしい香り。白果実やアカシヤ花のアロマとともにミネラルのノート(火打石)が香ります。
    味わい:風味豊かなワイン。アタックは芳醇で丸み(甘み感)があり、後味まで瑞々しいノートとアロマ表現が楽しめます。現時点ではソーヴィニヨンの香り(柑橘果実)が優勢です。

  • ヴィンテージ 2014年

    • セミヨン 50%
    • ソーヴィニヨン 50%

    2014年の夏は天候不順に悩まされ、日照量は不足がちで気温も十分ではない時期が続きました。9月初頭になると、同地方全域、一転して見事なまでの好天が続きます。10月末までの数週間におよぶ好天は、このヴィンテージにまさに救いの手を差し伸べました。絵に描いたようなインディアンサマーのおかげでブドウは最適な熟度を得ることが出来ています。糖分と酸、フェノール成分のバランスは抜群で、偉大なるヴィンテージと評するにふさわしい品質の高さです。白ブドウの収穫は9月初めにスタートし、夜間は冷涼な気温に恵まれたことで白ブドウ品種特有のアロマをたっぷりと含んだ果実が収穫出来ています。豊かな果実味が魅力の、瑞々しく心地良い風味のワインが生まれています。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:輝きのある薄い藁色
    香り:アロマ表現豊かで瑞々しさを感じさせます。トロピカルフルーツ(マンゴー、ライチ、ライム)のアロマが優勢で、ミネラルなノートを含みます。
    味わい:果実味豊かで心地良い風味のワイン。バランス良く、後味の活力が印象的です。

  • ヴィンテージ 2013年

    • 55% セミヨン
    • 45% ソーヴィニヨン

    ボルドーにおける2013年ヴィンテージは、天候面において特に苦難続きの1年でした。春は雨が多く、花ぶるいや部分的結実不良を引き起こし、雹・霰まじりの雷雨により、特にアントル=ドゥー=メール地区では著しく収量が低下しています。収穫まで、雨天と好天が交互に訪れました。過去30年の中でも極めて困難だった年のひとつに数えられ、総収量は、凍霜害を受けた1991年以来の低い数値となりました。そんな中でも、白ワインに関しては、8月末および9月初旬の好天のおかげで、素晴らしい品質のワインに仕上がっています。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:輝きのある藁色、金色の光沢。
    香り:濃厚でエレガント。柑橘系果実(ライム、グレープフルーツ)と南国果実(パッションフルーツ)のアロマが、ミネラル系のノートと織り交ざっています。
    味わい:飲み心地の良さと活力が魅力で、濃密な果実のアロマを含む、瑞々しい後味が楽しめます。

  • ヴィンテージ 2012年

    • セミヨン50% ソーヴィニヨン 50%

    2012年は、ブドウ栽培者にとって常に緊張みなぎるヴィンテージでした。厳しい天候に見舞われた冬を経て、迎えた春は冷涼で開花は遅く、6月初旬の受粉時期に降雨に見舞われたことで、花ぶるいおよび部分的結実不良が起きています。結果、低収量のヴィンテージです。7月中旬まで多湿の天候が続きましたが、8月および9月初旬は暑く乾燥した天候が戻りました。昼夜の気温差も大きく、上質な果実成熟が促進されました。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:淡い藁色、輝き。
    香り:濃厚でアロマ豊か。南国系果実の特徴的アロマ(ライム、ライチ、パッションフルーツ)。
    味わい:瑞々しく調和のとれた口当たり。味わいにも力のあるアロマ(グレープフルーツ)が楽しめ、後味にも上質な活力が感じられます。

  • ヴィンテージ 2011年

    • セミヨン 60% ソーヴィニヨン 40%

    異例の天候条件が印象的だったヴィンテージ。開花は通常よりも3週間近く早く終了し、2011年は異例の早熟ヴィンテージとなりました。

    7月および8月は冷涼多湿で、夜間も冷涼。結果、ソーヴィニヨン・ブランのアロマは上手く保たれています。

    2011年はいわゆるブドウ栽培者のヴィンテージで、彼らの腕がものを言う年でした。

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:薄い藁色、金色の光沢。
    香り:瑞々しくエレガント。柑橘系果実(グレープフルーツ、ライム)とミネラル香(フリント)が絡み合っています。
    味わい:アタックには上質な甘み感があり、芳醇で風味豊かなワインです。瑞々しくアロマ表現豊かな長い余韻。実にたっぷりと芳醇なワインで、魚料理や白身肉との素晴らしい相性をお楽しみください。

  • ヴィンテージ 2010年

    • セミヨン 60% ソーヴィニヨン 40%

    2010年は好天の春に恵まれ、ブドウは良質な生育をスタートさせました。
    多湿な6月を経て、7月、8月および9月は理想的天候に加えて最適な日照と冷涼な夜間を享受し、白ワイン品種に関しては、アロマとともに複雑性および酸が見事に保たれています。果実の衛生状態は完璧で、秋口も好天に恵まれたため、収穫は焦ることなく理想的条件の下で行われました。ボルドーにおいて2010年ヴィンテージは、白・赤ともに歴史に残るヴィンテージに仕上がると予想されます!

    テイスティングコメント(ボトリング時)

    外観:薄い藁色、緑の光沢。
    香り:上質な心地良さ、豊かなアロマ表現、南国系果実、柑橘系果実(グレープフルーツ、ライム)のアロマとツゲのノートが優勢。
    味わい:活き活きとした、瑞々しく飲み心地の良さがあるワイン。ソーヴィニヨンのアロマと活力が顕著。後味にはセミヨンからもたらされる丸みとバランスの良さがあります。
    アペリティフあるいは冷たい貝・甲殻類とともにお楽しみください。