2008年 - パオロ・ロヴェルシ

1947年イタリア・ラヴェンナ生まれ。世界を代表するファッション写真家のひとり。イタリア的であり同時にパリ的な彼のエタ・デスプリは、彼のスタイルとなっているエレガンスへのふた通りのアプローチ法を思わせる。力強くかつ柔らか、詩的なまでに鮮やかな色彩あるいは精巧な白黒。パオロ・ロヴェルシは現在と過去の混合を得意とする。ポラロイドパック付8×10カメラを用いることで、巧みに進化性のある撮影を実現させる。

カメラの後ろではなく横に立てるビューカメラを使用することで、被写体である有名モデルたちとの独特な距離感が生み出される。評論家ガブリエル・ボーレは、感性豊かで繊細な彼の作品について次のように評している。「写真作品には撮影した写真家自身のエレガンスと礼儀正しさが表れている。」

ニコル・ヴィズニアック企画監修、フォト作品集