2000年 - アントニン・ボルジョー

ラフィットの価値あるフォトコレクションに貢献した最年少の写真家。詩人であり写真家という2つの才能を持ち、リベラシオン紙に、南アメリカやモンゴル、そして南フランスの記事を提供。素晴らしいポートレート写真もいくつか制作している。これは、グリーティングカードというより、シャトー・ラフィット・ロートシルトの写真を満載した小冊子のようだが、この作品に彼のヴィジョンを見ることができる。