1997年 - フランク・ホルヴァート

自身の切手コレクションを35mmのレチナカメラと交換。ブレラアカデミーで絵を学んだ後、広告代理店で働く。1949年、フリーの写真家として雑誌の写真制作を開始。1957年、エル、グラマー、ヴォーグなど、パリのファッションシーンで名を上げる。1989年、デジタル画像を使った作品制作を試みる。 この手法は、グリーティングカード用に制作された、シャトー・ラフィット・ロートシルトの樹齢100年のブドウ畑にキツネがいるという構成の作品にも使われている。この動物を使った構成は、エリック男爵の提案によるもので、ホルヴァートはこの作品の制作に強い熱意をもって臨んだ。